Apachのredirect設定

今まで、自社サーバーでドメインを管理していたが、レンタルサーバへの移行に伴い、「セルロースファイバー.com」のドメインに変更した。
旧サイトの「timberlife.jp/cf」→、「セルロースファイバー.com」の設定方法について書き留める。
設定変更は、Apach serverの設定ファイルで、httpd.confを書き換える。通常、httpd.confは
Program Files ディレクトリの中野Apachの中にある。
メモ帳やワードパットを使わず、TeraPadなどで編集する。
追記するのは、次の一行。
Redirect 301 /cf http:www.xn--bckg5dh2i1a6mqa9kf.com
301は、「永久に移行しました」という意味。セルロースファイバー.comは、日本語表記では理解されないので、Punycode表記で記述する。
Punycode表記は、http://punycode.jp/で変換確認することが出来る。

脱線するが、wordpressの一般設定で、サイトの場所(siturl)やホームの場所(home)の記述も、Punycode表記でないとエラーとなる。

Redirectの一行を追記の後、Apachを再起動すれば、旧サイトは、新サイトに自動転送される。
また、301を指定しているので、検索robotは、サイトの永久移動を認識し、検索結果に反映されるそうだ。
そのまえに、Googleウェブマスターで自主申請することも可能。
GoogleAwardの、広告のサイトアドレスも変更。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です